セックス♡ 

2020.05.7

【セックスライフを楽しむコツ♡】早漏でも楽しめる体位をご紹介♡

男性にとっては女性がイク前に毎回射精してしまうと、つい早漏だと判断してしまいがちです。

一度早漏だと悩んでしまうと、実は早漏ではなくても精神的に追い詰められてしまいます。

では、早漏な男性では本当に女性を満足させることはできないのでしょうか。

主人は挿入から射精までいつも5分程度ですが、私は満足していますよ♡

早漏の原因がどこにあるのか追求することが先決

早漏の原因がどこにあるのか知ることができれば、既に早漏であることは大した問題ではなくなります。

なぜなら、早漏になりやすいパターンとは間逆なことをすれば、少なくとも今までよりも射精までの時間を長くできるからです。

早漏かどうかはあくまでも相対的なものであって、女性パートナー次第で実は挿入から射精までの時間は大きく変わります。

基本的に男性は早漏で当たり前だと知ろう

セックスライフを楽しむためには、男女共にセックスを行うことで互いに満足できればよいのであって、早漏かどうかは実は大した問題ではありません♡

主人は今でこそ挿入から射精まで5分程度ですが、初めての時には1分程度でした。

女性の立場からすれば、パートナー男性には必ず自分で射精してくれることが嬉しいのであって、いつまでも射精してくれないと自分に魅力が無いのではないかと不安に思ってしまいます。

セックスは本来子作りのために行うことが他の動物では当たり前ですから、基本的に男性は早漏なはずです♡

セックスライフを楽しむために早漏になるパターンを知る

互いに好きでパートナーになった相手に満足してもらいたいと考えるならば、早漏になるパターンを知ることが重要です♡

過去の男性経験や女子トークから把握した男性が早漏になりやすいパターンは、次の3種類に分けられると考えています。

㈰単純に女性の膣圧が高く男性が若いから射精時間が短い

女性がスポーツ経験者であったり小柄であるといった事情により、男性器のサイズに対して膣サイズが小さく普通に挿入しても膣圧が高くなって射精が早くなるケースです♡

膣圧は体位により変わるので、膣圧が高くなりやすいバックを避けて側位といった体位にすることで早漏を避けることができます。

㈪男性が性的に興奮してしまう体位を選択している

男性は女性とは異なり視覚的に性的な興奮を高めてしまう傾向が強いので、男性個人が持つ性癖により興奮してしまう体位が存在します。

例えば、主人の場合には無類のキス魔であるために♡笑♡キスをしながら正常位で挿入すると、1分で射精してしまいまうほどです♡

しかし、同じ正常位であってもキスをせずに背中をベッドと90度の角度に保てば3分〜4分くらいは射精までにかかります。

一方、過去には胸フェチの男性相手では正面座位で1分しか保たないにも関わらず、バックでは10分射精までにかかった元カレの存在が良い例です♡

パートナー男性が性的に興奮しやすい視覚情報が何かを把握すれば、早漏改善とセックスライフ充実の両方を得るヒントとなります。

㈫セックスのコントロールが女性主導となっている

セックス時の主導権が女性にあると、男性側で射精コントロールができないために早漏になりやすいです。

一部の風俗のお仕事をされている女性を除いて、男性が射精するタイミングを男性器の様子から判断することはできません。

熟年カップルならば可能かもしれませんが、その時点で既にパートナーに慣れて早漏は改善しているはずです。

今すぐにセックスライフを充実させるために早漏を避けたいならば、騎乗位のように女性が全ての動きをコントロールする体位を避けて、寝バックや側位といった体位の導入が望ましいです♡

性的興奮度合いをコントロールできれば満足しやすい

早漏かどうかの判断は、あくまでもカップルの中で相対的に判断するものであって、互いのセックスライフが満足できるものならば既に早漏とはなりません♡

射精回数が1日1回しか出来ない状態で挿入から1分以内に毎回射精してしまうといった状態でもなければ、女性の立場からは早漏とはなりません♡

カップルならば愛を確かめ合う手段としてセックスを行うことになるので、少なくとも抱き合っているだけでも満足度合いは増すものです♡

早漏でも楽しめる体位は3つのパターンを試して判断

セックスライフを充実させるために早漏でも互いに満足するためには、次の3つの体位を試してみるとどれか1つはいつものセックスよりも挿入時間を伸ばせるはずです。

単に挿入時間を伸ばすだけでなく、セックスの満足度が得られる体位がどれか判別できれば、セックスライフが更に楽しいものとなります♡

1回のセックスで体位は1つだけとは限らず、複数の体位を駆使してスポーツ感覚で楽しんではいかがでしょうか♡

寝バックなら女性が中イキしやすく男女ともに満足しやすい<

膣圧が高い女性をパートナーに持つ他の男性からは羨ましがられる状態ならば、膣圧が高くなりやすいバックを避けて寝バックを試してみると早漏になりにくいと考えられます♡

なぜなら、女性がうつ伏せ寝した状態で男性が後ろから挿入すると、男性器が膣の奥深くまでは女性のお尻が邪魔で届きにくくなるからです。

女性のお尻が柔らかいクッションとなり、挿入時の深さがある程度制限されつつ動くのはあくまでも男性であって射精しそうになったら動きを止めてやり過ごせます。

女性にとっては膣内の比較的浅い部分にあり腹側に位置するGスポットと呼ばれる部位へ男性器が当たりやすく、中イキ可能な女性ならば楽な姿勢でセックスの快楽に没頭しすやいです♡

ただし、女性のお尻に対して性的興奮を感じやすい男性にとっては、早漏になりやすいので避ける必要があります。

対面座位なら激しい動きができない

女性の膣圧が標準であって、深く挿入しても問題なければ対面座位にチャレンジしてみてください♡

対面座位は、互いに座った状態で抱き合う形となり、一見すると騎乗位に似ているため女性に主導権があるように見えます。

しかし、対面座位では女性が激しく動こうとすると辛い体勢だからこそ、男性が女性のお尻に手を添えて動きをサポートするかコントロールしやすい体位となります。

深く挿入しながらもピストン運動はせずに、女性にとって気持ちが良く男性とっては射精感が訪れにくい前後スライド運動になりやすいのです♡

キスで一気に射精感が高まらない男性ならば、時折抱きしめつつキスすることにより動かずに過ごす時間が増えるからこそ、早漏にはなりません♡

正常位でも背筋を伸ばして浅めの挿入なら早漏防止となる

正常位はカップルの誰もが行うので、早漏であっても何度かチャレンジしたことがあるはずです。

正常位で早漏になってしまう男性の多くが、膣内へ深く男性器を挿入して胸を揉んだりキスをしながら激しく抱き合うセックスをしてすぐに射精感に襲われてしまいます♡

しかし、同じ正常位であっても背筋を伸ばして床面と背中が90度の角度を維持したまま、浅めのピストン運動を行ってみると挿入時間を数倍に伸ばすことができるはずです。

視覚と触れた感覚により性的興奮度合いを一気に高めることができてしまうからこそ、正常位では早漏になりやすい男性が増えてしまいます。

理由を話した上でカップルで背筋を伸ばした正常位を試してみれば、早漏防止になると実感できるはずです♡

セックスライフを楽しめる早漏はテクニックが凄い

セックスライフを楽しむために早漏でも様々な体位にチャレンジしてみることは、射精コントロールを行う手段を多く見つけることにつながります♡

AV男優は基本的に早漏が多くて、挿入時間を伸ばすテクニックを身につけている人が多いと知れば、男性にとっては大きな自信につながるはずです♡

カップルで早漏対策にチャレンジすると、複数の体位を自然に試してみることに繋がり、女性にとっては前戯と後戯に、じっくり時間をかけてくれるようになる点をむしろ歓迎しています♡

主人も挿入時間が5倍に伸びたことで自信が持てたのか分かりませんが、1晩で3回戦が当たり前になって私も満足しています♡

早漏対策を行うために様々な体位にチャレンジすることは、お互いの性癖を知り、マンネリ化も防げるというメリットが大きなことです♡

この記事を書いた人

白真 美玲

人妻YouTuberちょうどいい人妻こと白真美玲♡旦那との夜の性生活をより充実させる為、好奇心の赴くままえっち♡な事を色々調べていたら、性のスペシャリストと呼ばれるまでに詳しくなりました♡女性、男性にとって有益な性に関するえっち♡な情報をお届けしていきます♡

人気記事