テクニック♡ 

2020.05.8

本当は知らないおっぱい攻略法!乳首をビンビンにする攻め方教えます

男性も女性もみんな大好きな、特別な存在・・・それがおっぱい!

エッチのとき、女性のどこに性的な魅力を感じるか聞かれると、男性の答えで一番多いのがおっぱいです。
確かに、豊かなおっぱいをモミモミするのがキライな男性なんていないでしょう(笑)

もちろん女性の側から見ても、おっぱいは一番ポピュラーな性感帯。
やさしくおっぱいを揉まれたり、固くなった乳首をイジられたり・・・
前戯で攻められているだけでイッちゃった・・・♡ という女性も多いはず。

この記事では、そんなおっぱいを攻めるときの「正しい」攻略法を、女性の視点からお教えします!

おっぱいを攻めるときは優しく!

おっぱいを攻めるときに一番大切なこと・・・それは「優しく攻める」こと!

これはおっぱいに限ったことではありませんが、女性がセックスの時に興奮するかどうかで、いちばん大切なのは「リラックスできているか」どうかなんです。

「興奮」といっても、交感神経が敏感になって緊張していると、女性はなかなか興奮できません。
リラックスして副交感神経が十分に働いている時に、はじめて愛液が分泌されて「濡れて」きたり、エッチが気持ちよく感じられるんですね。

「激しく攻められるほうが興奮する!」という女性もいるかもしれませんね。
でもそういう場合の「激しく」というのは、あくまで「女性側がしっかりリラックスして、興奮できるような状態になってから、激しく攻められたい」という意味。
前戯もそこそこに、いきなりおっぱいを激しく掴まれても、女性としては痛いだけです(笑)

おっぱいは柔らかいので、男性としてはついつい強く掴んだり揉んだりしてしまいがちですが、女性からすると、おっぱいを強く掴まれるのは男性が思っている以上に痛いんです!
男性のペニスを、気持ちいいから激しく攻めてくれと言われたからといって、思いっきり掴んでゴシゴシ手を動かしたら、痛いですよね(笑)それと同じです。

乳首を攻めるときは、あせらず焦らして!

おっぱいの中で、一番敏感な場所は、やっぱり乳首。
だから、おっぱいを攻めるときは乳首をとにかく触ればいい・・・そう考えるのは、たしかに間違いではありませんが、「正解」とも言えません!

たしかに乳首は性感帯である女性が多く、乳首をひたすら触ったり舐めたりするだけでも、乳首は勃ってくるので「興奮」しているように見えるかも知れません。

でもそれはあくまで、物理的な刺激に反応しているだけ。
男性も、アソコをひたすら揉まれ続けていたら、エッチな気分になっていなかったとしても勃起してしまうでしょう。
でも、だからといってエッチにドキドキして興奮してるというわけじゃないですよね?

女性にとってもそれは同じこと。
いくら乳首が感じやすい人でも、いきなりそこばかり攻められていれば、興奮も半減しちゃいます。

大切なのは、一番敏感な乳首を攻めるまでに、どれぐらいドキドキさせて興奮させるかどうか。
そのためには、上手く「焦らす」ことが大切なんです!

おっぱいの攻め方 外側から優しく・・・

まずは、おっぱいの外側から優しくさわってあげましょう。
マシュマロに触れるぐらい優しく・・・。
ぷるぷるとおっぱいがかわいく揺れるのを楽しんであげましょう♡

そうすると、たぶん女性は笑っちゃうと思います。
エッチの時に女性が笑うと、興奮が冷めてしまうと嫌がる男性もいるかもしれません。

でも前にも言ったとおり、女性にとってはなにより「リラックスすること」が気持ちいいエッチのためには大切なんです。
だからまずは、じゃれあうみたいに優しくおっぱいに触れるところからはじめてみましょう。

はじめのうちは、「揉む」というよりも「撫でる」という感じで、おっぱいの柔らかさを手に感じるといいでしょう。
もちろんこのとき、男性が興奮しているということを言葉で示してあげたり、抱き合ったりキスしながらするのも、とても効果的!

「徐々に興奮していく」という「過程」が、女性はとても好きなんです!
じわじわとおっぱいやカラダをまさぐられて、次はどこを攻められるんだろう、あんな敏感なところを触られたら、自分はどれぐらい感じちゃうんだろう・・・
そうやって想像することで、女性はどんどんエッチな気持ちになっちゃうんです♡

十分に焦らしてあげてから、女性が「さわってほしい・・・♡」と思ったころに、敏感な乳首を少しだけ攻める・・・。
そうすれば、さんざん焦らされた分、快感も何倍にもふくれあがって・・・思わず声を出しちゃいますね♡

ちょっとだけ乳首を触ったら、あえてもう一度焦らすというテクニックもあり!
特にMっ気があるかな? という女の子に有効な方法です。

意地悪されても、なんだか笑って嬉しそうな女の子っていますよね?
そういう子はMっ気あり!
おっぱいを攻めるときも、できるだけ焦らしてあげましょう!

もう体中が敏感になっちゃって、乳首を攻められたくてたまらない・・・
カラダがもじもじ勝手に動いて刺激を求めちゃう。
そんな子に、あえて「うん?」なんてとぼけたフリをしてみたら・・・もう女の子としてはそれだけでイッちゃうかもしれません♡

乳首の攻め方 舐めるのは効果的?

こうやって女性の気持ちを十分に高めることで、おっぱいや乳首を攻めたときに最大限の快感が得られるようになるんですね!

乳首はおっぱいで一番敏感な場所。それだけに、攻め方もたくさんあります。

指でつまむ

ピンピンに勃っちゃった乳首を見たら、やっぱり指でつまみたくなっちゃいますよね(笑)
指でつまむのは、一番激しい刺激を与えられる方法。
女性としても、とっても強い快感を得られます。

ただそれだけに落とし穴もあって・・・。
というのは、乳首の先端だけを集中的に強く攻めるので、しばらくするとすぐに刺激に慣れちゃうんですね。

せっかくおっぱいを攻めているのに、それはもったいない!
ということで、乳首を攻めるときも、まずは焦らずに、やさしく撫でるところから初めましょう。

手で撫でる

やさしく乳首を攻めるのに、オススメの方法があります!
まず手をパーに広げてください。そして、手をおっぱいの上でゆっくりスライドさせましょう。

そうすると、人差し指、中指、薬指・・・と指が順番に乳首をこすりながら動くので、断続的に刺激を味わうことができるんです!

ずっと乳首をつままれたままだと刺激にマヒしてしまいますが、こうやって優しくリズミカルに刺激されると、長く快感を味わうことができるんですね。

舐める

乳首を攻めるというと、乳首を舐めたがる男性も少なくないようです。
ただ人にもよりますが、女性からすると、乳首を舐められるのは、指でさわられるよりも刺激が少なく感じる人が多いようです。

口の中は柔らかいし温かいので、「刺激されて気持ちいい」というよりも「くすぐったい」と感じる女性が多いんですね。

もちろん、愛撫の序盤にやさしく攻めるのにはいいかも知れませんが、女性が強い刺激を求めている時に舐められてしまうと「ものたりない・・・」と思われてしまうかも。

どちらかというと女性としては、
「あの人が、あかちゃんみたいにおっぱいを吸ってる・・・かわいい♡」
と愛おしく感じる気持ちの方が強いかも知れません(笑)

まとめ

以上、女性からみたおっぱいの攻め方のアドバイスでした!

もちろんどう攻められるのが好きかはその女性の好みにもよりますが、やはり基本的には「優しく」「焦らずに」「焦らして」徐々に興奮を高めていくのが良いと思います。

女性も男性も大好きなおっぱい。
上手く攻めてあげて、いいセックスをしてくださいね♡

この記事を書いた人

白真 美玲

人妻YouTuberちょうどいい人妻こと白真美玲♡旦那との夜の性生活をより充実させる為、好奇心の赴くままえっち♡な事を色々調べていたら、性のスペシャリストと呼ばれるまでに詳しくなりました♡女性、男性にとって有益な性に関するえっち♡な情報をお届けしていきます♡