テクニック♡ 

2020.05.8

上手いキスって? 女性が感じるキスのテクニックを徹底解説♡

男女のスキンシップの中でも、特に大切なもの…それがキス♡
ロマンチックなムードのキスは、相手の愛情をいっぱい感じられますし、セックスの導入としてもとっても重要ですよね♡

しかし、本当に「いいキス」とはどういうものか…それを知っている人は意外と少ないもの♡
「どんな風にキスすれば、女性は喜んでくれるんだろう?」
そう不安に思っている男性もいるのではないでしょうか?

この記事では女性の視点から、
「ほんとうにいいキスとは?」「女性はどんなキスで感じるの?」
そんな疑問について解説したいと思います♡

なぜ女性はキスが好きなのか?

まず知っておきたいのは、「なぜ女性はキスが好きなのか」ということ。
人にもよりますが一般的に、男性よりも女性の方がキスを好む傾向があるようですね♡

なぜ女性はキスを好むのか…それはキスが「攻められる」と同時に「攻める」行為でもあるからです♡
どういうことか、説明しますね。

ふつう前戯からはじまるセックスでは、女性は男性に「攻められる」、受け身の態度であることが多いです。
それはもちろん気持ちいいのですが、しかし攻められている間、実は女性側は「何もすることがない」受け身の状態なんですね♡
なので女性がセックスを楽しめるかどうかは、相手の男性の攻め方に大きく依存してしまうんです。

もちろん、女性から男性を攻めるプレイだってあります。
ペニスを手や口で刺激してあげるような形ですね♡
けれども、それはあくまで男性を気持ちよくさせてあげるための「ご奉仕」♡

男性は自分の攻めで気持ちよくなっている女性を見ると、それだけで興奮できます。
男性の性的興奮は、視覚情報から得られる影響が大きいからです。
でも女性からすると、自分の攻めで男性が気持ちよくなっていたとしても、それ自体はそんなに興奮につながらないんです。

つまり女性からすると、
・攻められているときは「気持ちいいけど受け身なので手持ち無沙汰」、
 ・攻めているときは「セックスに積極的に参加できているけど、自分は気持ちよくない」
…と、どちらも少し物足りなく感じてしまう部分があるんですね。

けれども、キスは違います♡
キスは、お互いがお互いを攻め合う共同作業
性感帯の唇や舌が刺激されて気持ちいいだけじゃなくて、自分から積極的に相手を攻めることもできる行為なんです♡

そう、キスは女性にとって「自分から攻める」ことができるうえに「攻められて気持ちいい」…
どちらの快感も満たしてくれる一石二鳥のプレイ♡ だから人気があるんですね♡

こんなキスはNG! 男性にありがちなダメなキス

この基本を踏まえた上で考えると、「こんなキスはNG」というのが分かると思います。
ダメなキスの典型…
それは男性が「攻めることしか考えていない」キス!

これは特に「自分はキスが上手い!」なんて自信を持っている男性こそ、陥りがちなワナ!
舌で女性の口を舐め回してみたり、激しく音を立ててみたり…。
もちろん、女性を喜ばせようというキモチは分かるのですが、残念ながらいくら激しく情熱的なキスであっても、それだけでは女性は喜ばないんです…。

なぜなら前にいった通り、女性がキスに求めているのは「お互いがお互いを攻めあう」という「共同作業」な点だからです。
男性が一方的に激しく攻めるだけだと、
「相手だけが盛り上がってる…」
と女性の心はすぐに冷めてしまうんです…。

なので男性がキスをする時に大切なのは、「男が攻める」という一方的な態度にならないこと♡
あくまでキスはふたりの共同作業だと考えて、「女性のキスを受け入れる」というスタイルを取ると、女性はよりキスを愉しんでくれるハズです♡

「最初のキス」までのドキドキを楽しもう♡

それでは「いいキス」というのはどういうものなんでしょうか?
ここで大切にしてほしいのが、その日の「最初のキス」までの時間を愉しむということ!♡

キスをするというのは、女性にとってすごく大切な瞬間♡
特に部屋でふたりきりのときなんかは、「キスをする=これからエッチをはじめる」という合図のようなもの♡
つまり、その日最初のキスは「エッチしていいよ…♡」という女性の意思表示でもあるんです!

なにより、キスを許す瞬間というのは、女性がいちばん興奮する瞬間でもあります♡
なのでキモチいいキスのためには、最初のキスまでの時間をかけて、じっくり焦らすのがオススメです♡

そのためには、いい雰囲気になってもいきなりキスを迫るのはNG。
まずはさりげないスキンシップから、徐々にエッチに誘えるような雰囲気に持っていきましょう♡

いい雰囲気になってきたら、じっと女性の顔を見つめてみるのがオススメ♡
もし心が通じ合っていれば、女性も「相手がキスを求めているんだ…」と分かるはず。

でも女性が「キスOK」の雰囲気になったら、あえて少し我慢して焦らしてみましょう♡
女性がキスを受け入れる態勢になっているのに、あえて焦らしてキスしてあげない…。
そうすると、女性としては「はやくキスしてほしい…♡」とおねだりするような気分になっちゃいます♡

女性が興奮するかどうかは、「相手を受け入れるキモチになってるかどうか」がとても大事♡
焦らして「キスを欲しているキモチ」にしてあげることで、何倍もキスで感じちゃうようになるんですね。♡

一度キスしても、そのままエッチに持ち込むのではなく、あえてすぐに唇を離して更に焦らしてみるという高等テクニックもアリ♡
一度キスをされてすっかりカラダが火照ってるところに、更に焦らされたら、それだけでもうガマンできなくなっちゃいますね♡

ディープキスで舌はどんな風に使えばいいの?

キスが盛り上がってくると、舌を相手の口内に入れて、もっと激しく相手を攻めたくなりますよね♡
いわゆるディープキスですが、このとき、舌をどのように使えばいいのかイマイチ分からない…という人もいると思います。

舌の使い方ですが…
一言で言えば
無理に舐め回す必要はない♡
というのがアドバイスになります(笑)

ディープキスというのは、あくまで
「キスが盛り上がってきて、もっと強い刺激をほしいと思った時に、自然に出てしまうもの」。
なので、「舌で相手を感じさせてやろう!」と無理な攻め方をするのは、女性にとってはあまり気持ちよくないことが多いんですね。
上でも言った通り「相手だけが楽しんでる…」と女性が冷めてしまって逆効果なことも多いです。

もちろん、口の中が性感帯だという女性もいます。
口の性感帯は唇や舌がポピュラーですが、その他にも、歯ぐき、舌の付け根、上アゴなんかを刺激されると感じるという女性もいるようです。

とは言え、性感帯の場所と感じやすさは人それぞれ。
また人にもよりますが、口内の性感帯は他と比べると快感が小さめな人が多いようです。
たしかに口の中がすごく感じやすかったら、ご飯を食べるだけでも興奮しちゃって大変ですよね(笑)

どちらかと言うとキスで感じるという女性は、
「ヨダレを垂らしながら、こんなに激しくキスされちゃってる…♡」
というシチュエーション自体に興奮している人が多いようです。
なのでキスで女性を感じさせたいのなら、激しい刺激よりもムードと雰囲気を重視しましょう♡

まとめ

「キスのテクニック」というと、舌を駆使して口の中を舐め回す…というイメージですよね(笑)
でも女性が好むキスというのは、決して「激しいキス」でも「器用なキス」でもない、というのがおわかりいただけたかと思います♡

大切なのは、女性のキスを男性が受け入れてあげるという余裕を持つこと♡
お互いがお互いの唇を攻め合う…
他のプレイにはないキスの「共同作業」をぜひ楽しんでくださいね♡