セックス♡ 

2020.05.8

知っておきたいコンドームの知識~正しい装着方法や選び方を解説~

男性が使う避妊具としてはもっともポピュラーなもの、それがコンドーム。
避妊のために使うのはもちろん、性感染症の予防にもとても効果がある、健康的なセックスには欠かせない道具です!

しかし、女性にとってはあまり馴染みがない避妊具でもあり、男性が間違ったコンドームの使い方をしていても気づかず、避妊具としての効果が薄れたり、無くなってしまうことも・・・。

この記事ではそんな、女性が知らないことが多いコンドームについて、正しい知識をお教えしたいと思います♡

コンドームの基礎知識

コンドームとは、男性がペニスにかぶせて使う、ゴム状の避妊具です。

コンドームを付けた状態で射精しても、コンドームの内側に精子が溜まって外に漏れ出さないので、妊娠を防ぐことができるんです。
例えるなら、おちんちんにかぶせる雨ガッパのようなものですね(笑)

コンドームは一見、平べったくてペラペラなゴムにしか見えませんよね。
でも先っちょには、小さくぷくっと膨れた部分があるタイプが多いんです。
ここが「精液だまり」といって、射精したときの精子がこの部分に溜まるようにできているんですね。

ちょっと見ただけだと
「こんなに小さいところに、ちゃんと精子が溜まってくれるの?」
と疑問に思うかも知れません。
でも、コンドームはとてもよく伸びて膨らむので、もしたくさん精子が出たとしても、ちゃんと受け止めてくれるんです♡

またコンドームは避妊具としてだけでなく、性感染症の予防にも役立ちます。
多くの性感染症は、男女の粘膜が接触することで感染ってしまいます。
挿入を伴わない性交渉・・・例えばフェラチオのようなオーラルセックスでも、性感染症のリスクはあるんです。
でもコンドームをつけていれば、粘膜が直接触れ合いにくくなるので、性感染症のリスクを下げることができるんですね!

コンドームの装着方法

装着方法でまず大切なのは、コンドームは男性のペニスが「勃起した状態で付ける」ものであるということ!

知識がないと、ペニスがまだ小さい状態で付けようとしてしまうかも知れません。
でもそうすると、勃起する時に締め付けすぎて十分に勃起できなくなってしまったり、勃起時にコンドームのサイズがぴったり合わずに、途中で外れてしまったりする可能性があります!

コンドームの包装を剥がしたら、まずは裏表を確認しましょう。
先ほど説明した「精液だまり」が飛び出ている側が外です。
そしてコンドームを勃起したペニスの先・・・亀頭の部分に当てます。

このとき重要なのが、精液だまりを軽くつまんで、精液だまりに入っている空気を抜くこと!
空気が入ったままだと、場合によっては射精した時に精液だまりが膨らみすぎて、破裂してしまったりすることがあります!
そうすればもちろん避妊具としての効果は無くなってしまい、大変ですよね!

ただし、このときあまり強くつまみすぎると、今度はコンドームを傷つけたり破いてしまったりすることもあります。
もちろんそうなってもコンドームの効果は無くなってしまいます!
あくまで優しく、空気を抜いてあげてくださいね♡

コンドームを亀頭にのせたら、あとはコンドームをペニスの根本の方まで下ろしていきます。
薄いので、少しコツがいるかもしれませんが、ゴムでよく伸びるので、慣れれば簡単ですよ!

このとき、男性の陰毛を中に巻き込んでしまわないように注意しましょう。
また男性のペニスの皮が余っている場合は、引っ張りすぎて痛くなってしまわないように、適度に調節しながらつけてあげましょう。
ただこのあたりは男性の感覚の方が大切なので、難しいようなら男性にやってもらうほうが確実だと思います(笑)

そうすれば装着完了!
挿入のあと、射精したら、そのままゆっくりペニスを抜いてもらいましょう。
そして液が漏れないようにコンドームを外して、捨てましょう。
トイレに流すと詰まってしまうので、ちゃんとゴミに出して処分しましょうね!

装着のタイミング

もう一つ、コンドームをつけるタイミングですが、必ず挿入の前に行ってください!

「まだ射精しないから! 射精しそうになったら、その寸前でコンドームを付けるから!」
・・・と言って、生のまま挿入しようとする男性もいるかも知れません。

でも、それはとても危険!
というのは、ペニスは射精したときだけではなく、射精する前にも興奮すると「カウパー腺液」・・・通称「ガマン汁」が出てきますが、このとき一緒に精子が出てしまうことがあるんです!

もちろんコンドームをちゃんとつけていれば、射精前の精子での妊娠も防ぐことができます。
コンドームの装着は、必ず挿入する前にしましょうね♡

コンドームの種類・選び方

コンドームにはいろいろな種類があります。

素材で見ると、一番ポピュラーなのは「ラテックス」というゴムでできたもの。
種類が多く、お値段も安いものが多いので、最初はこれから試してみるのがいいでしょう。

ただし少し独特の匂いがするので、気になる人はいるかも知れません。
特にラテックスのコンドームを付けたアソコにフェラチオするのが苦手、という女性も少なくないようで・・・。

また、人によってはラテックスにアレルギー反応を示してしまうこともあります。
男性・女性どちらもアレルギーが大丈夫だと確認してから使うことをおすすめします!

「ポリウレタン」という別の素材でできたコンドームもあります。
こちらは普通のものよりも「薄い」ことが特徴!

コンドーム特有の装着感が少ないことが、男性にとっては好評のようです。
ただし薄いぶん、装着するときに少し手間取りやすい点がネック。
コンドームに慣れたカップルが使うのにオススメですね♡

ただ人にもよりますが、女性からすると「薄い」ことはあんまり実感が分からないことが多かったりするんですよね(笑)

サイズもいろいろあります。
男性のペニスにあったサイズのコンドームを使うのはとても重要!
コンドームが大きすぎると、ぶかぶかになって挿入中に脱げてしまうこともありますし、逆に小さすぎても外れてしまったり、破れてしまったりする可能性があります!

「Mサイズは○cm~○cm用」みたいにパッケージに書いてあることが多いので、不安なら男性にペニスのサイズを図ってもらってから買うと安心ですね!

もし女性が選ぶ場合は、わからないならとりあえずは普通の「Mサイズ」でだいたいは問題ないと思います。
ただし、あえて「Lサイズ」を買ってあげると、男性も自分のサイズに自信が持てて、気分良くなってくれるかも!?(笑)
といっても、大きすぎるサイズはさきほど言ったように避妊の効果を落としてしまうので、あくまで合ったサイズを選びましょうね!

また、つぶつぶのような突起がついていたり、エッジが入っているような、ちょっと変わった形状のコンドームもあります。
これは単なる避妊具というだけでなく、大人のオモチャのようにセックスを盛り上げてくれる道具としての役割も持ってくれるコンドームですね♡

ちょっと刺激的なエッチがしてみたい・・・
そんなときは「今日は、このコンドームを使ってくれる?♡」と、ちょっと変わったコンドームを彼に差し出してみましょう!
しっかり避妊しながら、刺激的なエッチが楽しめちゃうはずですよ♡

まとめ

男性の避妊具の定番であるコンドーム。
しかし女性にとっては、実はよく知らない道具だったりもします。

ただしく使えば、お手軽かつ確実に避妊ができるコンドーム。
装着方法や選び方など、しっかりとした知識を持って、安心して彼とのセックスを楽しみましょうね!♡

この記事を書いた人

白真 美玲

人妻YouTuberちょうどいい人妻こと白真美玲♡旦那との夜の性生活をより充実させる為、好奇心の赴くままえっち♡な事を色々調べていたら、性のスペシャリストと呼ばれるまでに詳しくなりました♡女性、男性にとって有益な性に関するえっち♡な情報をお届けしていきます♡