その他♡ 

2020.10.8

【ナイトワーク♡】こんなにある夜の接客業♡ キャバクラやガールズバーの特徴・違いを解説♡

美玲♡
美玲♡

こんにちは♡
白真美玲です♡

本日も美玲の世界にお越しいただき、ありがとうございます♡
白真美玲です♡

今回も「ちょうどいい人妻」美玲が、性に関するいろんなトピックスについて語っちゃいたいと思います♡

今回のテーマは、「夜の接客業」について♡

「オトナの社交場」なんて言われるキャバクラやホストクラブ♡
お客さんとして、また従業員(キャスト)さん側として、興味がある方も多いと思います♡(❁´ω`❁)

美玲♡
美玲♡

しかし普通の人にはあまり馴染みがない世界かもしれません♡

興味はあるけど知識がなくて、実際に行くのは不安…( >_< )
という方も多いはず♡

この記事では、そんな「夜の接客業」についてイチから解説♡
初心者の方にもわかりやすく、いろんなお店の特徴をご説明したいと思います♡(‘-‘*)

キャバクラ ~夜のお店の代表例♡

まずは「夜のお店」と聞いてイメージすることが多い、キャバクラからご紹介します♡

美玲♡
美玲♡

キャバクラというのは「キャバレー」と「クラブ」を合わせたコトバ♡

キャバレーというのは元々フランス語で、ショーやダンスを舞台上で見ながらお酒を飲むお店のことです♡
日本では1960年代頃に流行した、歴史ある「夜のお店」のカタチですね♡( ̄∇ ̄)

キャストさんがお客さんにお酒をおもてなしするだけでなく、きらびやかな舞台でダンスを見せたり…という派手で庶民的な雰囲気が特徴♡

時代の流れによって、今はキャバレーはほとんど無くなってしまいましたが、いまでも営業中のお店もあります♡

美玲♡
美玲♡

興味がある方は、ぜひ行ってみてくださいね♡(ˆ⌣ˆԅ)

一方で「クラブ」というのは、キャバレーよりも落ち着いた雰囲気のお店♡
ショーやダンスはなく、席に座ってキャストさんとお客さんがじっくり談笑するというタイプのお店ですね♡

「クラブ」については後でも説明しますが、高級な雰囲気のお店が多く、その分料金も高めだったりします♡

裏美玲♡
裏美玲♡

そしてキャバクラというのは、このキャバレーとクラブの中間のような存在として生まれたお店です♡
キャバレーのように庶民的で誰でも入りやすい雰囲気と、クラブのようにキャストさんとお客さんのコミュニケーションをメインにしたカタチ、それがキャバクラです♡( ̄∇ ̄)

美玲♡
美玲♡

キャバクラの特徴は、とにかく入りやすいこと♡

一番ポピュラーな夜のお店で、店舗数も多いですし、料金もクラブなどと比べると比較的リーズナブルなお店が多いです♡

キャストの方も年齢層は若め
とにかく明るくて派手な雰囲気で、楽しくお酒を飲みながら女の子とのやりとりを楽しめるというタイプのお店ですね♡(*´∇`*)

お客さんの年齢層も幅広く、若い方だけではなく中年以上の方の来店も多いです♡
どんな方でも楽しみやすい、初心者にオススメのお店ですね♡

キャバクラで働くキャストさんは、キャバクラ嬢、略して「キャバ嬢」と呼ばれます♡

美玲♡
美玲♡

きらびやかで派手なドレスや髪型をしていることが多いですね♡

派手なメイクの女性を「キャバ嬢っぽい」なんて例えることもありますね 笑♡

キャバ嬢さんが派手な格好なのは、やっぱり夜のお店で目立つためです♡
キャバクラの店内は派手なシャンデリアやミラーボールで飾り付けられているので、普通の服だと目立たなくなっちゃうんですね 笑♡

気になるキャバクラの料金ですが、基本的には1時間あたりいくら…という時間料金が基本料として掛かります♡
もちろんそれだけでなく、頼んだお酒や料理などの料金も追加で掛かりますよ♡( ̄∇ ̄)

料金はお店によって様々ですが、1時間で5000円~ぐらいが多いようです♡

キャバクラのようなお店で特徴的なのは、キャバ嬢の女の子が飲むお酒もお客さんが注文すること♡

またキャバクラには「指名」というシステムがあり、お客さんはお気に入りのキャバ嬢さんを指名することで、その子が必ず席についてサービスしてくれます♡

普通の飲食店では、店員さんを「指名」することなんてできないですよね 笑♡

裏美玲♡
裏美玲♡

キャバ嬢さんは指名されたときの売上が自分のお給料に直結するので、たくさん指名をもらおうとします♡(‘-‘*)
お客さんも、お気に入りのキャバ嬢さんに喜んでもらおうと、たくさんお酒を注文することになりますね♡

ちなみにキャバクラには「同伴」「アフター」という制度もあります♡
同伴というのは、キャバ嬢さんが出勤前にお客さんと一緒に食事をしたりデートをしてからお店に来ること♡

美玲♡
美玲♡

お店の外でも好きなキャバ嬢さんとデートができるなんて、お客さんにとっては夢みたいですよね♡

お客さんからしても、自分のセンスで選んだお店に女の子を連れて行くことが出来ます♡( ̄∇ ̄)

「同伴」は出勤時間に含まれてお給料が発生することが多いので、キャバ嬢さんから見ても積極的に行いたいサービス♡
お店、キャバ嬢さん、お客さん、みんな喜ぶシステムですね♡

一方「アフター」は逆にお店が終わってからのデート
ただこちらはお店からのお給料は出ないことも多く、あくまでキャバ嬢さんがお客さんに対してサービスで行うという感じですね♡

美玲♡
美玲♡

普通のお店ではまずできない、お気に入りの店員さんとのデートもできちゃうキャバクラ♡
夜のお店の入門としてもオススメですよ♡

クラブ ~高級なオトナの社交場♡

クラブというのは、いろんな意味を持つコトバですよね♡
単なる「集まり」という意味で使われることもありますし、学校の部活動のことを指したりもします♡

しかし夜のお店で「クラブ」と言えば、キャバクラとは似て非なるまた違ったカタチのお店♡

キャバクラとクラブはどう違うのかと言うと…
はっきりした定義があるわけではありませんが、一般的に「クラブ」の方が落ち着いた雰囲気で、その分料金設定も高めなことが多いですね♡

美玲♡
美玲♡

具体的には、お店に入って席につくための基本料金は安くて1万円ぐらいから♡

高級なクラブになると、席につくだけで5万円以上掛かるなんてお店も少なくありません♡∑q|゚Д゚|p

お酒や食べ物などの料金も、キャバクラに比べるとかなりお高め!♡
普通にクラブで楽しもうとすると、予算は10万円ぐらい簡単に掛かっちゃいます♡(´ºωº`)

基本的にお財布に余裕があるお客さんが行くお店という感じですね♡
まさにオトナの社交場♡

裏美玲♡
裏美玲♡

なので店の雰囲気や客層も、キャバクラとはだいぶ違います♡

クラブでおもてなしする従業員の女性は、ホステスさんと呼ばれます♡
キャバ嬢さんは20代の若い女性が多いですが、ホステスさんはそれよりもう少し年齢層の高めの方が多いです♡

美玲♡
美玲♡

お客さんの年齢層が、キャバクラよりもクラブの方が高いので、その分ホステスさんの年齢層も上がるという感じですね♡

キャバクラは誰でも明るく楽しむための場所という感じですが、クラブは企業のお偉いさん同士の懇親の場として使われたり、お金持ちのVIPの方が豪遊したり…という印象♡

高級店となると、そもそも他の会員さんからの紹介がなければ入店すらできないというお店がほとんどです♡( ̄∇ ̄)

その意味では、キャバクラとクラブは営業形態こそ似ていますが、雰囲気はかなり異なるお店ですね♡

美玲♡
美玲♡

料金面でも雰囲気面でも、ハードルがちょっと高めかな…?♡

クラブに行きたいなら、すでに行き慣れている方に紹介してもらうのが一番無難だと思います♡

ホストクラブ ~女性のための夜のお店♡

キャバクラやクラブは、男性のお客さんが女性のキャストさんにおもてなししてもらうお店♡
しかし逆に、女性のお客さんが男性のキャストさんと楽しむというお店もあります♡
代表例がホストクラブですね♡(‘-‘*)

美玲♡
美玲♡

ホストクラブは、キャストさんが男性版のキャバクラと考えてOKです♡

ただし違うところもあります♡
例えば指名制度♡

キャバクラでは、基本的にお客さんは来店のたびに好きなキャバ嬢さんを指名します♡
気分によっていろんなキャバ嬢さんを指名したり、時には指名せずにフリーでいろんな相手と楽しんだり…という遊び方ができます♡

一方で、多くのホストクラブでは「永久指名」という制度を取っています♡
これは、1人のホストさんを指名すると、あとはずっとその方が自分の担当になるというシステム♡

美玲♡
美玲♡

一度永久指名してしまうと、基本的に他のホストさんを指名することはできなくなってしまいます!♡

お店によっては「指名替え」が可能なところもありますが、不可能なところも多いです♡(´ºωº`)

まるで結婚相手を決める時みたいに、重大な決断をしなければならないんですね 笑♡

裏美玲♡
裏美玲♡

最初の数回はいろんなホストさんと話してみて、お気に入りの相手が見つかったら永久指名する…という流れが多いです♡

ちなみに男性のお客さん向けのクラブでも、この永久指名システムを取っているお店は多いです♡
お客さんとキャストさんのつながりがより深くなるシステムなので、お店としても「他のお店には渡さない!」とお客さんを独占することができるのがメリット 笑♡( ̄∇ ̄)

女性向けの夜のお店は種類や数が少なめですが…
ホストクラブはその中では、最もメジャーなスタイルのお店と言えるのではないでしょうか♡

興味がある方は、ぜひ一度体験してみてください♡

スナック ~年齢層が高めな飲食店♡

スナックというのは、キャストのホステスさんがお酒を提供したり、お客さんと一緒にカラオケのデュエットをしたりする飲み屋さんですね♡
スナックのホステスさんは「ママ」と呼ばれています♡

美玲♡
美玲♡

スナックの特徴は、お客さんの年齢層が高めなこと♡(=v=)

もちろんお店の雰囲気にもよりますが、40代以上のお客さんも多く、中には60~70歳ぐらいのおじいちゃんが常連というお店も珍しくありません!♡(ˆ⌣ˆԅ)

ママさんも、お客さんと同じぐらいの年齢の方が多いみたいですね♡

裏美玲♡
裏美玲♡

このスナックを考える上で重要になるのは、スナックは「風営法」に該当する「風俗店」なのかどうか? ということ♡

前回の記事でもお話しましたが、普通の飲食店と風営法の対象になる風俗店の違いは、従業員さんがお客さんに「接待」を行うかどうかという点♡

スナックの場合は、ママさんがお客さんとカラオケでデュエットしたりダンスを踊ったり…というサービスを行うことが多いです♡

美玲♡
美玲♡

この場合は明らかに「接待」に当たるので、スナックは風営法の対象ですね♡

逆に、こういったサービスを行わず、あくまでカウンター越しにお酒を提供するだけ…といったスナックもあります♡
このようなスナックは風営法の対象外で、「普通の飲食店」扱いになりますね♡( ̄∇ ̄)

ちなみにお客さんの年齢層が高めのスナックですが、最近は20代ぐらいの若いママさんがスナックを開業することも増えているそう!♡

こういったスナックは「ニュースナック」と呼ばれ、お客さんも若い方が多いようです♡

美玲♡
美玲♡

スナックの雰囲気が好きだけど、普通のスナックは年配のお客さんが多くて入りづらい…というような方にとっては、ぴったりのお店ですよね♡

ガールズバー ~「接待」が無いニュータイプのお店♡

ガールズバーというのは、女性の従業員さんがカウンター越しにお酒を提供するバーのこと♡
名前の通り、従業員さんはみなさん若い女性です♡

ガールズバーの最大の特徴は、キャバクラなどと違って「接待」を行わないという点♡( ̄ー ̄)

法的には普通のバーなどと同じ飲食店というくくりなので、風営法に引っかからず深夜営業が可能だったりするんですね♡

裏美玲♡
裏美玲♡

あくまで「若い女性が働いているバー」という名目なんです♡

そのため、お客さんの隣に座ってお喋りしたり、一緒にカラオケやゲームをしたり…ということはありません♡
もしそういうことをしたら「接待」扱いになって、違法になっちゃいます♡(ノ゚⊿゚)ノ

もちろん指名制度などもありません♡
キャバクラは売上や指名のノルマが厳しいことも多いですが、ガールズバーはそれに比べると初心者の女性でも働きやすいカタチのお店だと思います♡

美玲♡
美玲♡

ただ、「接待」は無いとは言え、カウンター越しにお客さんとお喋りをするようなことは多いです♡

どこからが「接待」になるかは曖昧なので、グレーゾーン的なお店…と言えるかもしれません♡

またお店によっては、「ガールズバー」を名乗っていたとしても風営法の許可を取っている場合もあります♡
その場合はキャバクラなどと同じく、堂々と「接待」をしてもOKです♡

ややこしいですよね 笑♡

裏美玲♡
裏美玲♡

なのでお客としてガールズバーに行く場合は、そのお店ではどこまで女の子に接待してもらっていいのかを確認しておきたいですね♡
逆にガールズバーで働きたいと思っている女性は、そのお店が「風俗店」の許可を取っているのかどうかなどを、しっかり確認しておきましょう♡(ˆ⌣ˆԅ)

セクキャバ ~キャバクラとは似て非なるもの!?♡

最後に「セクシーキャバクラ」、略してセクキャバと呼ばれるお店についてもご紹介しておきます♡
セクキャバというのは、一言でいうと「おさわりOKなキャバクラ」のこと♡(´>///<`)

美玲♡
美玲♡

キャバクラやクラブなどのお店は、当然ながらキャストの女性のカラダを触るのはNGです!♡

こういったお店はあくまでキャストの方とのコミュニケーションを楽しむのがメインのお店♡
カラダの接触がメインになると「性風俗」になり、法的にも違法になってしまいます♡

美玲♡
美玲♡

とは言え、キャバクラやクラブでも女性のカラダにタッチしようとするお客さんは多いみたいですが…笑♡

それをいかに上手くかわすかも、キャバ嬢さんやホステスさんの技術のひとつと言えるかもしれません♡

裏美玲♡
裏美玲♡

ただし、セクキャバは「性風俗」なので話はまったく別!♡

お客さんとキャストさんが席について談笑する…というシステム自体は一見キャバクラと同じですが、女性のカラダにおさわりできるのが最大の違いです♡(〃▽〃)

ただし、カラダのどこまで触っていいかはお店によってルールが異なります♡
「上半身だけOK」というお店が多いですが、お店によっては「下半身もOK」というところもあります♡

ただ基本的には共通して、「女性を触るのは良いけど、女性に触らせるのはダメ」です♡
キャストさんの手を取って、自分のアソコを触らせる…というのは基本NGですね!♡(/▽\)

美玲♡
美玲♡

このように、セクキャバは性的なサービスがメインのお店♡

なので、「キャバクラ」という名前は付いていますが、実際にはキャバクラとは似て非なる全くの別物と考えるべきです!♡

キャバクラのような「接客業」とセクキャバのような「性風俗」は、根本的に違うお店です!♡
セクキャバをキャバクラの延長のような形で捉え、働きに行こうとするのはオススメしません!♡(ノ゚⊿゚)ノ

働くときは、あくまで「性風俗店の一種」として検討するべきですね♡

まとめ♡

夜の接客業について、いろんなお店のカタチをご紹介しました♡

美玲♡
美玲♡

ただ、ここで挙げたお店はほんの一部♡

他にも「ラウンジ」と呼ばれる、風営法に掛かるかどうかグレーゾーンなお店の種類もあったりします 笑♡

美玲♡
美玲♡

自分の好みに合ったカタチのお店を見つけて、お酒や女の子とのコミュニケーションを楽しんでください♡(‘-‘*)

当サイト♡美玲の世界♡では他にもいろんな性にまつわるテーマについて、美玲が語っています♡
興味がある方は、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね♡